FX-501J 2nd Lot到着

先日瞬殺だったFX-501J 2nd Lot【チタン】が届いたので、動作確認しつつ、音出し。

画像のとおり、プリアンプはTUBE-03J【ブラック】にパワーアンプはFX-501J 2nd Lot【チタン】x2台。

第1ロットと同様にパワーアンプを変えただけでも普段のスピーカーから出てくる音が変わるw

ちなみに第一ロットと今回の第二ロットの聴き比べは別の機会に実施しようかなと…。

ちなみに、FX-501J 2nd Lot【チタン】x2台の電源は、下記製品を使用。

FX-2020A+ CUSTOMは買いなのか?

FX-2020A+ CUSTOMが6/15に発売されたが、説明にある「リユースIC」がちょっと気になり、今回はスルーしたが、『LP-2020A+ NFJ別注モデル 第九ロット』と同様にオペアンプ変更が出来るので、次回発売時は…買うかも…w

迷っているのは、FX202Jとどの程度違うのか…。あと値段が結構するんだよなぁ…。

さて、どうしようw

FX-501J第2ロット[チタン]をポチっと!

FX-501J第2ロットが先ほど(本日21:00より)販売開始になったので、FX-501J[チタン]を2台ポチっとしといた。

ブラック&チタンで160台(80ペア)なんで、その80人の中に入ったわけだがw

とりあえず、すぐに購入確定して再度FX-501J[チタン]を見たら(21:02頃)、売り切れ!今回のFX-501J争奪戦は、激しいww

本記事作成中(21:09)にFX-501J[ブラック]を見てみたがこちらも既に売り切れ!

とりあえず、週末には届くであろうから楽しみに待つ!

 

今年のONTOMO MOOKは?

今年のONTOMO MOOKは何じゃろね?と思いながら調べたら…。

なんと!

●これならできる特選スピーカーユニット マークオーディオ編
特別付録:マークオーディオ製8cmフルレンジ・スピーカーユニット

マークオーディオのユニット!!!これは買い!

そして、エンクロージャーキットもあるので、こちらも購入!

●スピーカー工作の基本&実例集 2018年版
特別付録:マークオーディオ製8cmフルレンジ・スピーカーユニット対応エンクロージュア・キット

楽しみですなぁ!

PW-6J[Bonneville Eaters II]

FX-AUDIO- PW-6J[Bonneville Eaters II] が届いたので、とりあえず動作確認をしてみた。

ディスプレイはかなり明るい。

スピーカーを繋げば、A-B&A-Cのランプが点灯する。(上の写真ではA-Cにスピーカーを接続していないので消灯)

A-B→A-Cの切り替え(逆のケースも同様)は、リレーの音がする。

とりあえず、使い勝手は良い。

スピーカーもそれなりにあるのでもう一台欲しいかもw

お肉来た~~!

先日発売された、お肉アンプ…じゃなくてFX-50【ブラック】が届いたので早速、開梱。

最近メインで使用している、FX-502J【ブラック】から変更して試聴開始。

音楽再生は、ラズパイ + PCM5101ADAC基盤 + FX-50【ブラック】 + HiVi B3N。

最初の印象としては、低音が出るね!!FX-502J【ブラック】と少し異なる感じの低音の出方だけど、悪くない。

TDA7492Eを使ったアンプなので、FX252AFX202A/FX-36A PROと音比べをするのが良いんだろうけど…。

両方持ってるな…w

音比べしようかねぇww

【追記】

電源は、24V 5AのACアダプタ使用してます。

第肉ロット[ブラック]

29日は何の日~~?♬

肉の日~~~!ということで、「肉」パワーアンプなるFX-50 第肉ロット[ブラック]が本日21:00より発売なので、1台ポチっとしといた。

小型の筺体から驚くべき「肉」パワーを発揮してくれるらしい・・・。

注意事項に、「第肉ロットは(たぶん)今回ロット限りの販売となっております。」と書いてあるが、果たしてどうなることやらw