FX-152J-CB とYDA138 デジタルアンプ自作キット リターンズ 2017 Ver.改

下の記事と前後してしまうが、FX-152J-CBの改造を始める前にYAMAHA製 YDA138 デジタルアンプ自作キット リターンズ 2017 Ver.改YD-202J『ブラック』の音と比べたいと思い、YAMAHA製 YDA138 デジタルアンプ自作キット リターンズ 2017 Ver.改を購入。

YD-202J『ブラック』は持っているので、ノーマルFX-152J-CBと聴き比べていたが、YAMAHA製 YDA138 デジタルアンプ自作キット リターンズ 2017 Ver.改を買う前に、我慢できずインダクタだけ変えてしまったw

YAMAHA製 YDA138 デジタルアンプ自作キット リターンズ 2017 Ver.改はまだ組み上げていないので、連休中に組み上げよう。

YD-202J『ブラック』とFX-152J-CB改、FX-152J-CBノーマル、YAMAHA製 YDA138 デジタルアンプ自作キット リターンズ 2017 Ver.改の違いをのんびりと聴き比べていこうかねw

しかし、仕事が当面忙しいので、この聴き比べは長くかかりそうだな…。

Raspberry PI Zero WHでI2S DAC

とりあえず、Raspberry PI Zero WHに余っていた、PCM5101A搭載I2S DAC基板を接続して音出し開始!

いつもRaspberry PI 3 & PCM5102A搭載I2S DAC基板で使っている、FX-502J【ブラック】につないで聴いているが、チップの違いは、感じないw

秋月電子でケース付きのRaspberry PI Zero WHが2,680円、PCM5101A搭載I2S DAC基板が980円。

その他I2S DAC接続ケーブルやSDカード、電源ケーブルを買っても5,000円でお釣りがくる破格の再生環境が出来上がった!

DAC基盤むき出しなので、とりあえずケースを自作したいが時間が取れない…。

ボチボチとケースも組み立てていこうかと思うが、いつになるやら…。

この構成を元に、FX152J-CB [ブラック]FX152J-CB [シルバー]を改造しながらどんな感じに変わっていくのか試していこうかな。

楽しみが増えてきたw