Raspberry PI Zero WH+I2S DACにFX-152J-CB

Pocket

Raspberry PI Zero WH+I2S DACFX-152J-CBノーマル+HiVi B3Nの組み合わせで聴き始めて何日かたったが、慣れるとFX-152J-CBノーマルでも十分な気がしないでもないw

FX-502Jに比べると確かに音の違いがあって、細かい表現力についてはFX-152J-CBノーマルは劣る部分がある。

電源は、NFJで買った『リユース品』DC12V/3.5A スイッチング式 汎用ACアダプターを使用しているが、下のAmazonにあるDC12V/5Aの物も今後試してみたい。

FX-502Jに使用している電源は、上記商品の24V/5Aの電源を使用していてスイッチング式よりもトランス式の安定化電源の方が音が良いような気がする。

試しに以前購入した、下記DC12V/5Aの電源に変更してみたが、若干音が前に出てきたような気がする。

基板上のパーツ交換も当然効果があると思うけど、電源も選んでおかないと、迷走しそうな気が…w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です