「DAC基盤」タグアーカイブ

初のハイレゾ音源購入

今まで、色々音楽を聴くためにNFJの製品やら、安いスピーカーユニットなどで好みの音楽を聴いてきたけど、そろそろハイレゾデビューしたいなぁ…なんて思っていたところ、ようやく購入したいコンテンツを見つけた!

それは、鈴木愛理ソロアルバムの「Do me a favor」

音源はちょっと調べて、Moraで購入。

FLAC,48.0kHz/24bitの音源をラズパイZero WH + PCM5102DAC基盤 + PH-A2J + SHURE SRH440で聴き込んでいる。

元々、6月6日に発売開始されていてCDを買っていて、かなりリピートして聴いていたんだけど、CD音源とハイレゾはやはり違いますな…。

CDとの違いは、音の幅というか音のきめ細かさというか…、表現が難しいけど、音の粒が違う感じ。

今後は、ハイレゾが選べるアーティストについては、ハイレゾ音源にしようかなと思えるくらい、個人的に感じた。

さて、次は誰のハイレゾ音源を手に入れようかね…。

PH-A2J届いた!

PH-A2Jを買おうか悩んでいたが、後で欲しくなった時に買えなくなるのも嫌なので、ポチッとしといたw

昨日には発送もされ、本日に届くとか便利な世の中になりましたなぁ…。

早速、ラズパイ+ I2S DAC(PCM5101A) + PH-A2J + SHURE SRH440の組合せで試聴。

う~~~~~~~~~ん!

PH-A1Jより好みの音かも~~~!

低音抜群!ボーカルもばっちり!高音は程良い鳴り方!

これは…、買って良かったw

今後、どんな感じに落ち着いていくのか楽しみなヘッドフォンアンプ!

 

TUBE-03J音出し

週末に音出ししよう!とか云いながら、結局箱開けて眺めていたら、動かしたくなったので音出ししてみた。

とりあえず、真空管は付いてきたもの、ゲイン&トーンコントロールは初期設定(LOW&TONE ON)で音出し。

構成は、ラズパイ+ I2S DAC(PCM5101A) + TUBE-03J【ブラック】 + FX-502J【ブラック】の組み合わせ。

TUBE-03J【ブラック】のボリューム9時& FX-502J【ブラック】のボリューム9時辺りで聴いているが、TUBE-01J【ブラック】と同様な感じ。

トーンコントロールも問題無く動作した。

サイズもFX-502J【ブラック】とほぼ同じ。少し短いぐらい。

音出しして20分程度経過したが、音はデジタルの角が取れたような感じでなかなか良い感じ。

トーンコントロール要らないなら、TUBE-01J【ブラック】でも良いような…。

とりあえず、組合わせるアンプはFX-501Jにしようかねぇw

FX-501Jステレオ再生

我慢できずにポチっとしたACアダプタが届いたので、FX-501Jをステレオ再生してみた。

ACアダプタは上記2つ。

いつものラズパイ + DAC基盤(PCM5101A)P01JFX-501J x 2の構成。

 

う~~~~む!

 

FX202Jと比べて低音の鳴り方に余裕を感じるというか、パワーがある。

左右独立のアンプ構成でもあるので、左右の分離は言うまでもないが、ボーカルはセンターにあるし全体的に力強い音。

個人的に、FX202Jは化粧をしたような印象を強く感じているが FX-501Jは特に強調されるところは無いが音の厚みがある印象。

FX202Jの音を初めて聴いた時に評判の良さを実感したが、FX-501Jも負けていない。

というか、同じ土俵にあげて比較する物でもないような気がしてきたw

とりあえず、プリアンプを P01Jにしてみたが、悪くない。

TUBE-01J【ブラック】もあるので、週末聴いてみようか。

予想外の好みの音なので今後どのように音が落ち着いてくるのか非常に楽しみなアンプ。

DAC-SQ5J再販!

NFJブログをのぞいてみたら、DAC-SQ5J第2ロットI2S DAC 完成基板 PCM5102ATUBE-01Jが再販されてますやん!

I2S DAC 完成基板 PCM5102ATUBE-01Jは2台持っているので特に気にならないけど、DAC-SQ5J第2ロットは気になりますねぇ。

まぁ、DAC-SQ5Jの第1ロット持ってるんですがw

リレーの動作タイミングを変更したとのことでどの程度第1ロットと異なるのか気になりますが、今回はスルーということで。

DAC-SQ5Jですが、音は良いですよ!DAC-X6Jも良いのですがDAC-SQ5Jの方がかなり上質な音だと思います。

DAC-X6J+OPA627AUも捨てがたいですけどw

Raspberry PI Zero WH+I2S DACにFX-152J-CB

Raspberry PI Zero WH+I2S DACFX-152J-CBノーマル+HiVi B3Nの組み合わせで聴き始めて何日かたったが、慣れるとFX-152J-CBノーマルでも十分な気がしないでもないw

FX-502Jに比べると確かに音の違いがあって、細かい表現力についてはFX-152J-CBノーマルは劣る部分がある。

電源は、NFJで買った『リユース品』DC12V/3.5A スイッチング式 汎用ACアダプターを使用しているが、下のAmazonにあるDC12V/5Aの物も今後試してみたい。

FX-502Jに使用している電源は、上記商品の24V/5Aの電源を使用していてスイッチング式よりもトランス式の安定化電源の方が音が良いような気がする。

試しに以前購入した、下記DC12V/5Aの電源に変更してみたが、若干音が前に出てきたような気がする。

基板上のパーツ交換も当然効果があると思うけど、電源も選んでおかないと、迷走しそうな気が…w

Raspberry PI Zero WHでI2S DAC

とりあえず、Raspberry PI Zero WHに余っていた、PCM5101A搭載I2S DAC基板を接続して音出し開始!

いつもRaspberry PI 3 & PCM5102A搭載I2S DAC基板で使っている、FX-502J【ブラック】につないで聴いているが、チップの違いは、感じないw

秋月電子でケース付きのRaspberry PI Zero WHが2,680円、PCM5101A搭載I2S DAC基板が980円。

その他I2S DAC接続ケーブルやSDカード、電源ケーブルを買っても5,000円でお釣りがくる破格の再生環境が出来上がった!

DAC基盤むき出しなので、とりあえずケースを自作したいが時間が取れない…。

ボチボチとケースも組み立てていこうかと思うが、いつになるやら…。

この構成を元に、FX152J-CB [ブラック]FX152J-CB [シルバー]を改造しながらどんな感じに変わっていくのか試していこうかな。

楽しみが増えてきたw