「DAC基盤」タグアーカイブ

DAC-SQ5J再販!

NFJブログをのぞいてみたら、DAC-SQ5J第2ロットI2S DAC 完成基板 PCM5102ATUBE-01Jが再販されてますやん!

I2S DAC 完成基板 PCM5102ATUBE-01Jは2台持っているので特に気にならないけど、DAC-SQ5J第2ロットは気になりますねぇ。

まぁ、DAC-SQ5Jの第1ロット持ってるんですがw

リレーの動作タイミングを変更したとのことでどの程度第1ロットと異なるのか気になりますが、今回はスルーということで。

DAC-SQ5Jですが、音は良いですよ!DAC-X6Jも良いのですがDAC-SQ5Jの方がかなり上質な音だと思います。

DAC-X6J+OPA627AUも捨てがたいですけどw

Raspberry PI Zero WH+I2S DACにFX-152J-CB

Raspberry PI Zero WH+I2S DACFX-152J-CBノーマル+HiVi B3Nの組み合わせで聴き始めて何日かたったが、慣れるとFX-152J-CBノーマルでも十分な気がしないでもないw

FX-502Jに比べると確かに音の違いがあって、細かい表現力についてはFX-152J-CBノーマルは劣る部分がある。

電源は、NFJで買った『リユース品』DC12V/3.5A スイッチング式 汎用ACアダプターを使用しているが、下のAmazonにあるDC12V/5Aの物も今後試してみたい。

FX-502Jに使用している電源は、上記商品の24V/5Aの電源を使用していてスイッチング式よりもトランス式の安定化電源の方が音が良いような気がする。

試しに以前購入した、下記DC12V/5Aの電源に変更してみたが、若干音が前に出てきたような気がする。

基板上のパーツ交換も当然効果があると思うけど、電源も選んでおかないと、迷走しそうな気が…w

Raspberry PI Zero WHでI2S DAC

とりあえず、Raspberry PI Zero WHに余っていた、PCM5101A搭載I2S DAC基板を接続して音出し開始!

いつもRaspberry PI 3 & PCM5102A搭載I2S DAC基板で使っている、FX-502J【ブラック】につないで聴いているが、チップの違いは、感じないw

秋月電子でケース付きのRaspberry PI Zero WHが2,680円、PCM5101A搭載I2S DAC基板が980円。

その他I2S DAC接続ケーブルやSDカード、電源ケーブルを買っても5,000円でお釣りがくる破格の再生環境が出来上がった!

DAC基盤むき出しなので、とりあえずケースを自作したいが時間が取れない…。

ボチボチとケースも組み立てていこうかと思うが、いつになるやら…。

この構成を元に、FX152J-CB [ブラック]FX152J-CB [シルバー]を改造しながらどんな感じに変わっていくのか試していこうかな。

楽しみが増えてきたw