「FX152J-CB」タグアーカイブ

YDA138 デジタルアンプ自作キット リターンズ 2017 Ver.改組立完了

YAMAHA製 YDA138 デジタルアンプ自作キット リターンズ 2017 Ver.改の組み立てを完了した。

ボリュームが最小の時から徐々に上げていくと、ほんのちょっと右側から音が早めに出るが、すぐに左右の音量が揃うのでとりあえずこれでいいかw

電源は、NFJで買った『リユース品』DC12V/3.5A スイッチング式 汎用ACアダプターを使用して今のところ問題無し。

エージングの効果があるかわからないが、鳴らしこんでみよう。

これで、FX-152J-CBと比べる事が出来てFX-152J-CBのカスタマイズの参考になるだろうw

Raspberry PI Zero WH+I2S DACにFX-152J-CB

Raspberry PI Zero WH+I2S DACFX-152J-CBノーマル+HiVi B3Nの組み合わせで聴き始めて何日かたったが、慣れるとFX-152J-CBノーマルでも十分な気がしないでもないw

FX-502Jに比べると確かに音の違いがあって、細かい表現力についてはFX-152J-CBノーマルは劣る部分がある。

電源は、NFJで買った『リユース品』DC12V/3.5A スイッチング式 汎用ACアダプターを使用しているが、下のAmazonにあるDC12V/5Aの物も今後試してみたい。

FX-502Jに使用している電源は、上記商品の24V/5Aの電源を使用していてスイッチング式よりもトランス式の安定化電源の方が音が良いような気がする。

試しに以前購入した、下記DC12V/5Aの電源に変更してみたが、若干音が前に出てきたような気がする。

基板上のパーツ交換も当然効果があると思うけど、電源も選んでおかないと、迷走しそうな気が…w

FX-152J-CB とYDA138 デジタルアンプ自作キット リターンズ 2017 Ver.改

下の記事と前後してしまうが、FX-152J-CBの改造を始める前にYAMAHA製 YDA138 デジタルアンプ自作キット リターンズ 2017 Ver.改YD-202J『ブラック』の音と比べたいと思い、YAMAHA製 YDA138 デジタルアンプ自作キット リターンズ 2017 Ver.改を購入。

YD-202J『ブラック』は持っているので、ノーマルFX-152J-CBと聴き比べていたが、YAMAHA製 YDA138 デジタルアンプ自作キット リターンズ 2017 Ver.改を買う前に、我慢できずインダクタだけ変えてしまったw

YAMAHA製 YDA138 デジタルアンプ自作キット リターンズ 2017 Ver.改はまだ組み上げていないので、連休中に組み上げよう。

YD-202J『ブラック』とFX-152J-CB改、FX-152J-CBノーマル、YAMAHA製 YDA138 デジタルアンプ自作キット リターンズ 2017 Ver.改の違いをのんびりと聴き比べていこうかねw

しかし、仕事が当面忙しいので、この聴き比べは長くかかりそうだな…。

Raspberry PI Zero WHでI2S DAC

とりあえず、Raspberry PI Zero WHに余っていた、PCM5101A搭載I2S DAC基板を接続して音出し開始!

いつもRaspberry PI 3 & PCM5102A搭載I2S DAC基板で使っている、FX-502J【ブラック】につないで聴いているが、チップの違いは、感じないw

秋月電子でケース付きのRaspberry PI Zero WHが2,680円、PCM5101A搭載I2S DAC基板が980円。

その他I2S DAC接続ケーブルやSDカード、電源ケーブルを買っても5,000円でお釣りがくる破格の再生環境が出来上がった!

DAC基盤むき出しなので、とりあえずケースを自作したいが時間が取れない…。

ボチボチとケースも組み立てていこうかと思うが、いつになるやら…。

この構成を元に、FX152J-CB [ブラック]FX152J-CB [シルバー]を改造しながらどんな感じに変わっていくのか試していこうかな。

楽しみが増えてきたw

FX152J-CB【シルバー】の動作確認

先日注文した、FX152J-CB [ブラック]FX152J-CB [シルバー]が届いたので、今度はFX152J-CB [シルバー]を動作確認してみた。

その辺に転がっていた、12V 3.5AのACアダプタと以前FX152J-CB [ブラック]を動作確認したラズパイ3+PCM5102A I2SDAC基板+ FX152J-CB [シルバー]+Hivi B3Nにて再生。

おや?先日のFX152J-CB [ブラック]より音が良いような…w

まぁ気のせいだと思うので、今後の音の変化を楽しみにしております。

FX152J-CBの動作確認

先日注文した、FX152J-CB [ブラック]FX152J-CB [シルバー]が届いたので、 FX152J-CB [ブラック]を動作確認してみた。

とりあえず。ラズパイ3+PCM5102A I2SDAC基板+ FX152J-CB [ブラック]+Hivi B3Nにて再生。

第一印象は思ったよりも音はハッキリ、クッキリしている?ような印象だが、聴き慣れた音楽を聴いてみると…

悪くはないんだけど、全体的に少しもやっとした感じがあるような…気がする。

値段を考えれば、ケースもついているのでお買い得。

サイズはFX252Aと同じですね。

散々悩んで…FX152J-CB

FX152J-CBが発売されて、すぐに売り切れるだろうなぁと思って監視していたら、中々売り切れないww

しかし、「FX152J-CBについてのご案内」の中で、「1注文につき1台に制限」となっていた!

確かに、ブラックシルバーをカートに入れて2個にするとエラーになる…が、 ブラックシルバーは一緒に買えるんだよなぁw

500円引きのクーポンがあったので、FX-502J【シルバー】を購入した際に、散々悩んでFX152J-CBブラックシルバーを買ってしまったw

改造前提モデルという前代未聞の商品に手を出してしまったが、当方はドが付くほどの素人…。

とりあえず、レビュー【ブラック】レビュー【シルバー】を見つつ、YAMAHA製 YDA138 デジタルアンプ自作キット リターンズ 2017 Ver.改レビューも併せてチェックして改造するネタを収集し始めるなど…。

さてさて、ハンダこてやハンダ、スタンドなども買わないとだねぇ…金が無いすよ