「TUBE-01J」タグアーカイブ

TUBE-03J音出し

週末に音出ししよう!とか云いながら、結局箱開けて眺めていたら、動かしたくなったので音出ししてみた。

とりあえず、真空管は付いてきたもの、ゲイン&トーンコントロールは初期設定(LOW&TONE ON)で音出し。

構成は、ラズパイ+ I2S DAC(PCM5101A) + TUBE-03J【ブラック】 + FX-502J【ブラック】の組み合わせ。

TUBE-03J【ブラック】のボリューム9時& FX-502J【ブラック】のボリューム9時辺りで聴いているが、TUBE-01J【ブラック】と同様な感じ。

トーンコントロールも問題無く動作した。

サイズもFX-502J【ブラック】とほぼ同じ。少し短いぐらい。

音出しして20分程度経過したが、音はデジタルの角が取れたような感じでなかなか良い感じ。

トーンコントロール要らないなら、TUBE-01J【ブラック】でも良いような…。

とりあえず、組合わせるアンプはFX-501Jにしようかねぇw

FX-501Jステレオ再生

我慢できずにポチっとしたACアダプタが届いたので、FX-501Jをステレオ再生してみた。

ACアダプタは上記2つ。

いつものラズパイ + DAC基盤(PCM5101A)P01JFX-501J x 2の構成。

 

う~~~~む!

 

FX202Jと比べて低音の鳴り方に余裕を感じるというか、パワーがある。

左右独立のアンプ構成でもあるので、左右の分離は言うまでもないが、ボーカルはセンターにあるし全体的に力強い音。

個人的に、FX202Jは化粧をしたような印象を強く感じているが FX-501Jは特に強調されるところは無いが音の厚みがある印象。

FX202Jの音を初めて聴いた時に評判の良さを実感したが、FX-501Jも負けていない。

というか、同じ土俵にあげて比較する物でもないような気がしてきたw

とりあえず、プリアンプを P01Jにしてみたが、悪くない。

TUBE-01J【ブラック】もあるので、週末聴いてみようか。

予想外の好みの音なので今後どのように音が落ち着いてくるのか非常に楽しみなアンプ。

DAC-SQ5J再販!

NFJブログをのぞいてみたら、DAC-SQ5J第2ロットI2S DAC 完成基板 PCM5102ATUBE-01Jが再販されてますやん!

I2S DAC 完成基板 PCM5102ATUBE-01Jは2台持っているので特に気にならないけど、DAC-SQ5J第2ロットは気になりますねぇ。

まぁ、DAC-SQ5Jの第1ロット持ってるんですがw

リレーの動作タイミングを変更したとのことでどの程度第1ロットと異なるのか気になりますが、今回はスルーということで。

DAC-SQ5Jですが、音は良いですよ!DAC-X6Jも良いのですがDAC-SQ5Jの方がかなり上質な音だと思います。

DAC-X6J+OPA627AUも捨てがたいですけどw